能登いか屋さん スタッフブログ

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いかの天日干し風景 2018

年末に干して以来、ようやく訪れた天日干し日和。

一昨日まで大寒波と大雪だったので、

「今日は天日干しです。」と聞いて、

驚いて干し場へ上がって行くと、

 

キンとした冷たい空気と、

とても気持ちの良い陽射しの中、

海をバックにイカがきれいに干され、

みんな安堵の表情で休憩中。

 

DSC_3838.JPG

 

 

まずは干し台のスペースだけ雪かきをしておき、

早朝から600杯のイカを開いて、深層水に浸し、

ロープに1杯ずつイカを干して、長足を両脇にかけていき、

その後みんなで一気に干し台の周りを雪かきして、

風当たりが良くなるように干し台を広げて設置。

 

 

そして、さらりといい具合に表面が乾いたところで、

1枚ゝイカを裏に返して、

ようやく一息ついたところでした。

 

「いい風もあるさかいに、いいがに干せるわ。」

(いい風もあるから、いい具合に干しあがるわ。)

とみんな満足気でうれしそう。

 

「ほんとやあ、いい膜できとるね~。」

温かい陽射しと、冷たい海風、鮮度の良いイカ、

最高の天日干しです。

 

DSC_3827_HORIZON (2).JPG

 

能登小木港の船凍いか漁の事情が複雑さを極める中、

やっぱりこのイカでないと、この天日干しにはならない。

 みんなのこの笑顔を見続けたい。

 やっぱりこのイカが愛おしい・・・。

本社へ戻り、早速出荷や事務担当のみんなにも

いい出来具合を伝えました。

 

スタッフ:MAEDA

 

「只今、できたてお届け中!」⇒烏賊の天日干し

新.jpg