アカイカの新商品が完成!

(2021年11月26日 16:28:25)

アカイカを使った商品に着手して約1年。ようやく完成、発売開始しました。

日本海真いかの不漁が続いていることから、能登小木港の一部のいか釣り船が、昨年漁期から北太平洋まで船を出し、アカイカ漁にも挑戦しています。

大型のイカであまりおいしくないのでは・・・と思っていたのですが、昨年晩秋にこのアカイカを社内で試食、全員が「軟らかい!」「イカが甘い」。真いかにあるイカ独特の“旨み”はあまりないものの、おいしいイカでした。

何より、惣菜天ぷらなどで多く使用されているアメリカオオアカイカのような、薬品による苦み・酸味抜きが全く不要なイカだと分かり安心しました。

「能登でアカイカの加工が行われれば、今後船凍真いかだけでなく、アカイカの水揚地としても安定して出漁できるようになる。」という地元小木漁協の方の言葉を受けて、当社はこれまで日本海産船凍真いかを専門としてきましたが、「これまでに培った“いか加工の技術や知識”で、小木いか釣り船団のお役に立てるならば、やってみよう」ということに。

(大型で皮は固いのでむきます)

幾種類もの試作品を作る中で、既に真いかで製造していた「レンジで簡単・いか野菜炒め」でアカイカを使用すれば、ボリュームも出るうえに価格も抑えることができる!ということになり、この商品の試作に集中しました。

(ポテト・ブロッコリー入りバター醤油味・ガーリックが隠し味に!)

イカに合わせる野菜は、アカイカの厚みとボリューム感に負けないよう、2種類の野菜をセレクトして入れることに。イカのカットサイズや味付け、量など試作を繰り返し、2つの味で完成しました。

「フライドポテトが入ったいかバター醤油味」は、チーズと少量のガーリックを隠し味に加え、当社社員のお子様やご家族にも大好評。「揚げナスを入れたしょうが醤油味」は、しっかり濃い目の味で、大人家族に好評、中華を思わせるようなおかずでご飯がすすむお味。

そして、真いかでは高額になるため出来なかった「ファミリータイプ・大袋タイプ」を作ることにしました。もちろん「1人前・小袋タイプ」も。便利なレンジ調理。

出来上がった商品は、まずは能登いか屋さんネットショップで販売開始しました!某宅配食材会社様でもお取扱い決定!!アカイカの新商品開発はまだまだ続きます。

(真いかの「能登産いか野菜炒め」も根強い人気商品なので、これまで通り販売します。どちらがお好みに合うか食べ比べもお楽しみください。)

アカイカの新商品名は、「やわらかイカと彩り野菜の炒めもの」です☆商品ページは下記よりどうぞ☆

やわらかイカと彩り野菜の炒めもの 一人前・小袋タイプ

やわらかイカと彩り野菜の炒めもの ファミリータイプ・大袋タイプ

2021日本海いか釣漁出港

(2021年6月7日 15:22:15)

6月6日(日)能登半島・小木港から日本海いか釣り船が全船出港しました。

イカ資源の著しい減少や、他国隻による漁場問題などは続いていますが、いか釣り漁師はそれでも日本海の漁場へ向かいます。(一部の船は5月に北太平洋のアカイカ漁に出漁しました。)

能登・小木港 各船から流れる演歌が響きます
どの船もたくさんの家族や友人・知人が見送ります

能登・小木港のいか釣り船が目指す漁場は、近海ではなく、大和堆を中心とした日本海のど真ん中で、イカの群れを追いながら漁をします。

『釣り漁』なので、ある程度以上の大きさに育ったイカしか獲れない、生態系に配慮した漁法で行っています。

釣ったいかは、漁場の『船内で即急速凍結』。一尾ずつバラ凍結するタイプと、数十尾ずつまとめて箱型に凍結するタイプがあります。

船の冷凍室が満載になると荷揚げ(水揚げ)のため港に戻り、食料と船の油を積んで、翌日には出港します。通常25~30日サイクルの荷揚げですが、近年は不漁のため2ヶ月近くになることもあります。

今年も、漁の安全と大漁を祈願して見送りました。

雨の日の桜

(2021年4月5日 18:26:32)

休日の昨日、金沢に住む息子と生活雑貨を買いに近場に出かけた帰り道の車の中で「桜がたくさん咲いてる公園あるけど見てくる?」と言うので、雨だけど、息子がそんなことを言うのは珍しく、せっかくなので行ってみることに。

入り口(裏口?)の階段に広がる桜の花びらに誘われて、車を降りると、本当に桜、さくらの見事なまでの桜の公園でした。

先週私が「今年もお花見できないなあ・・」とつぶやいた一言を覚えていてくれたのかどうかは分かりませんが、心が癒されたひと時でした。

スタッフ:Ha-ha

新商品試作中の工場長

(2021年3月12日 17:03:31)

今日の加工場は、スタッフ全員「いかとんび串」の製造作業。

工場長は段取りの合間に一人、加工室で新商品の試作中。

(商品は未完成のためお見せ出来なくてスミマセン)

新商品の開発は、代表を中心に、お客様の声を直接聞く本社のスタッフでコンセプトや方向性、商品の概要をまとめて、工場長に伝えられます。

工場長は、それを安定した製品として加工することができる物に仕上げていきます。

調味料の分量を少しずつ変えたりと、たくさん試作品を作っていました。

最後には「おいしそうやあ。」とうれしそうでした。

出来上がった試作品は、冷凍してあえて数日経ってから、本社と加工場のみんなが試食をして、自由に意見を出し合います。これを何度か繰り返します。

工場長が「もうちょっと・・・」と言って除けていた袋を、お願いして1パックもらってきました。「味を染み込ませたいから明日以降に食べて」と言っていたので、明日我が家でいただいてみたいと思います。(^^♪

息子のリクエスト「いかの白子」

(2021年2月13日 17:07:37)

うちでは「白子が食べたいな~」と息子が言うと、それは鱈ではなく、いかの白子。

今なら買えるはず・・・とさっそく買って帰りました。(今の白子、少しサイズが小さめでその分数が入っています。)

塩で軽くもんで、お湯でさっと茹でてできあがり。ポン酢で食べたいというので、そのまま回しかけて。「ハイどうぞ。」「やった!!」 ―で、私が座る頃には2皿ペロリと食べられてしまっていました。まあ、いつものことです。喜んでもらえて何よりです( ´艸`)

実は半分だけ茹でていたので、この後結局もう半分も茹でました( ´∀` )

スタッフ:Ha-ha

今朝の気嵐

(2020年12月22日 13:40:30)

今朝、いつもの通り会社の前にある海の際に車を止めると、海から湯煙が立ち込めているような・・・。

湾ということもあって、まるで温泉のよう。

空気がキンと冷たい冬の朝に、たまに見られる光景です。

本社(事務所・出荷場)前の海

「イカの天日干し」

(2020年11月12日 13:35:30)

天日干しは、朝6時30分、みんなに「今日は天日作業です」と電話が入るところから始まります。屋外作業なので、当日の天候を見極めてからでないとGOサインが出ないのです。

朝から手作業でイカをさばいて、海洋深層水に浸したら、屋上の専用干し場にイカを上げます。 1枚ずつイカをロープにかけて、両方の長手をかけて・・・ここでようやくいったん休憩。

海風が当たる干し場で、イカを1枚ずつ丁寧にかけていきます
裏に返して干し上げます

イカはたっぷりの海風と陽射しを受けて、揺れながら干されていきます。裏返しにかけて干し上げます。 表面がさらさらもちもちに乾いて、中は水分たっぷりの一夜干しです。

当社で35年以上続く「いか天日干し」の風景
作業しているスタッフもイカが愛おしそう(^^
能登の海風と太陽が干し上げます
外はさらさらふわふわ。中はしっとり水分でもちもち。

干しあがったイカを取り込みながら、「おいしそ~」「マヨネーズと醤油と一味の3点セットで食べたい」「軽く焼くと柔らかいしね」とみんなうれしそう。 1枚ずつ真空包装をして急速冷凍してあとは出荷を待ちます。

去年は大きなサイズのイカの水揚げがなく、天日干しが1日しかできませんでしたが、今年はいかも大きく身も厚く、これぞ「天日干し」という仕上りで、天候に恵まれればあと何回か作ることが出来そうです。

↓烏賊の天日干しページはこちら↓

秋ですね

(2020年10月1日 15:56:04)

今日から10月です。・・・もう!?!?

1年あっという間です😂。

季節は秋。秋といえば色々ありますが、私は断然「食欲の秋」です。…すみません。(笑)

今日は家の近くで旬な物を見つけ、(やっぱり秋なんだな~)と実感しました🍂

アケビ・栗・柿・イチジク・きのこ(しばたけ)

スタッフ:y<a

能登町・イカの駅“つくモール”オープン

(2020年7月1日 12:36:01)

2020年6月20日より能登町運営の『イカの駅・つくモール』が小木港近く九十九湾沿いにオープンしました。

今はコロナ対策のため10:00~17:00(水曜定休日)で営業しています。

平日も金沢などからたくさんの方がいらっしゃっています。 イカバーガーやイカ墨ソフトクリームなどが楽しめますが、

やはりみなさんの一番のお目当てはつくモール内のレストラン(11:00~15:00)の料理長が作る「いか丼」や「イカ料理」。 あまりの盛況ぶりに整理券がもらえなかった・・という方も。

まずは整理券を受け取ってから、ゆっくり見て回るのがよさそうです。 

イカ好きな私はイカの水槽を眺めているとアッという間に時間が経ちます(^^♪  (8月現在、残念ながら水槽にイカは入っていないようです)

少し下から見ると・・まるで空間を泳いでいるよう
イカが時々、噴射している海水の水流に乗って遊んでいるようです(^^♪

能登小木港産の船凍真いかを使ったイカ商品や、能登の塩、海藻、地元野菜に地元のお酒など、たくさんの商品が販売されています。 能登に来てしか買えない商品もあるようで、こちらの店長さんやスタッフさんが自ら足を運んでおもしろい商品を集めて来られたそうです。

能登の「塩」「いしり」「海藻」など常温商品もたくさんあります

当組合商品(「極・能登の烏賊丼」以外)も『イカの駅つくモール』で販売されています。当社商品の中で一番の人気商品は “いかの地獄漬け”。ワタ(内蔵)も生で召し上がれる産地ならではの商品です。      他に おススメはレンジ調理で楽しめる“いか焼き”や“イカ野菜炒め”です。これは特に男性の方に人気があるようです。チンして焼きあがるので出来たてのプリプリ食感をお楽しみいただけ、この季節はビールのお供にぴったりです。

当社「いかの地獄漬け」はここでも大人気の商品です!
レンジで簡単・イカと野菜炒めシリーズも人気です!

「混んでいてイカ丼が食べられなかった」という方や、「せっかく能登に来たから」と、帰り道に宇出津の当社に寄って行かれる方もいらっしゃいます。  当社では飲食の提供はしておりませんが、日曜・祝日以外はいつでもお気軽にお立ち寄りください。